【新型コロナ】手指用除菌スプレーの作り方【次亜塩素酸水】

問題解決

今回は、アルコール除菌ではないですが、

ウィルスを除菌する液体【次亜塩素酸水】を使った除菌スプレーを作っていこうと思います。

この記事では簡単に安く大量に消毒液を作ることができる方法を紹介します
スポンサーリンク

次亜塩素酸とは

「次亜塩素酸」と名の付くもので有名なものがあります。

それはキッチンハイターです。

こちらは、「次亜塩素酸ナトリウムと呼ばれるもので、手作りマスクの消毒をする際に結構話題になったりもしていました。

次亜塩素酸と聞き、手を消毒するのもこのキッチンハイターでできるのか?と一瞬思いますが、それは大間違いです。

キッチンハイターを水で薄めて使っても、人体には有害です。

毒です。絶対に触ってはいけません。

次亜塩素酸水とは、全然別のものなのでご注意ください。

今回購入した次亜塩素酸水のもとはこちらです。

スポンサーリンク

次亜塩素酸水の作り方

作り方はとても簡単で、次亜塩素酸の粉を水に混ぜるだけ。以上。

ただし、希釈といって、水で薄める量はしっかり量る必要があります。

目的によって希釈率は変わります。

  • 手指に使用する場合:50ppm
  • 物に吹き付ける場合:100ppm
  • 加湿器に入れる場合:50ppm

付属のスプーンで軽量できるので、それとペットボトルを用意すればよいですね。

今回は、手指用の除菌スプレーが目的なので50ppmで作っていこうと思います。

付属の紙にそれぞれの希釈率での作り方が記載されていました。

今回作りたいのは50ppmなので、

一度200ppmを作ってからそれを四倍に薄めたいと思います!

用意するもの

  • 2Lペットボトル一つ
  • 1.5Lペットボトル一つ

(2Lペットボトル二つでも可能です)

①次亜塩素酸の粉末を200ppmで溶かす

紙によると、200ppmの水溶液にするには

0.5gの粉と水1.5リットルです。

1.5リットルのペットボトルに水を入れ、付属のスプーン小を一杯いれます。

すると200ppmの水溶液の完成です。

②できた水溶液を四倍に薄める

次に、2リットルのペットボトルを用意します。

そこに①で作った水溶液のうち500ml (0.5リットル)だけを移します。

そしてさらに水道水を1.5リットルを入れます。

水溶液1に対して水3を入れることで、4倍に薄めることができ、50ppmの水溶液になりました!

最終的にできた次亜塩素酸水を、ファブリーズのボトルとか霧吹きとかに入れてしまえばOKです。

こんな感じになります。

50ppmの次亜塩素酸水がなくなったら、また200ppmの次亜塩素酸水から薄めて作ります。

これの繰り返しです。

アマゾンで買った粉末からはおよそ70リットル近くは作れると書いてあったので、

じゃんじゃん作って使っていってもなくなりそうにないですね!

しっかり予防に努めたいと思います。

スポンサーリンク

まとめ

  • 手の消毒に使えるのは50ppmの次亜塩素散水
  • スプーン小(0.5g)+水1.5L = 200ppmの次亜塩素酸水になる
  • 200ppmの次亜塩素酸水 0.5L + 水1.5L = 50ppmの次亜塩素酸水になる

配合の量には十分に注意してください。

あと次亜塩素酸ナトリウムを使わないようにも注意してください!

問題解決
きょうをフォローする
スポンサーリンク
DynaKnowledge

コメント

タイトルとURLをコピーしました