【文系向け】SEにとって一番大事な技術は何かをお伝えします

就職活動

文系でもプログラマーになりたいと思い、IT企業を目指す方がいると思います。

実際、未経験から始めてもなんとかなります。

プログラマーにとって、一番大事な技術はなんだと思いますか?

プログラミング力でしょうか

コミュニケーション力でしょうか

答えは、自分で調べる力です。

プログラマーは、勉強したこと以上のことをやる必要があります。

そして、その解決法を人に聞いてもわからないこともあります。

そんなことはしょっちゅうです。

じゃあどうするかということなんですけれど、

目の前にあるコンピュータを使って自分自身で調べることが大切です。

就活生のうちに大切なのは、調べる練習をする、ということです。

調べる練習で一番手っ取り早いのは

学生のうちにプログラミングの勉強をすることです。

実際に本を見ながら取り組むことになるとは思いますが、

本の通りにいかないことは多々あります。

では、なぜその本の通りにうまくいかなかったのか?

きっと、うまくいかなかった時には何かしらのエラーが画面上に表示されると思います。

そのエラー画面を調べ、解決する・・・

次に進んでエラーが出ては解決する・・・

ということを繰り返すのです。

プログラミングの勉強をしながら、調べる力を養うことができる、一石二鳥ですね!

大事なことは、自分で調べて知識にすることです!

知識こそが何事をも解決する力になりますし、他の人の役にも立ちます。

自分自身でできることを増やしていく、ということがプログラマーにとって必要不可欠な力です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました