システムエンジニアが英語を勉強する理由

就職活動

きょう
きょう

こんにちは、文系SEのきょうです。

システムエンジニア(SE)にとって英語を学ぶ意味はあると思いますか?

私は、大いにあると思います。

今回はその理由についてお話しします。

スポンサーリンク

オフショア開発の増加

IPAが公開しているオフショア開発の動向からも、オフショア開発は右肩上がりで増加しています。

オフショア開発は、基本的には日本語を話せる人材が向こう側にいることが前提で進められています。

ですが、現地視察へ行くことや、直接コミュニケーションを取ることだってあるはずです。

どこの国でも英語が共通語なので、やはり身につけておく必要があります。

スポンサーリンク

逆に外国人が派遣されてくる

システム系の職は技術派遣の人がくることが多々あります。

その中でも、最近はベトナムやインドから来てシステム開発をしている方がめちゃくちゃ増えてきています。

もちろん彼らは日本語が少しは喋れますが、より濃いコミュニケーションを取るにはやはり英語になります。

オフショアや、外国人労働者が増えてくることで、グローバルな環境がスタンダードになってきています。

それにより、仕様書などの資料が徐々に英語で作成されるようになってきていますので、読み書きの力が必要です、

スポンサーリンク

珍しいから重宝される

外資系や貿易商社系ならともかく、

システムエンジニアで英語が使える人材はすごく少ないです。

特に中小企業になるとほとんどいません。

そのため、少しでも出来るだけでかなり社内で重宝されますし、重要な仕事を任されることがあります。

また、その結果、仕事ができる人だと思われ、昇進も早いかもしれません

スポンサーリンク

情報が英語

最新技術を扱うIT業界では、つねに情報を収集する必要があります。

また、プログラミングの際にわからないことはすぐに調べます。

そのとき、日本語の情報よりも英語の情報の方がはるかにたくさんあります。

英語が読めることで、ヘルプサイトを理解することもできますし、最新動向も掴むことができます。

もちろん、翻訳機能が充分に役割を果たしてくれますが、

専門用語に関しては自動翻訳は当てになりません。最終的には自分で読んだ方が早いです。

スポンサーリンク

プログラミング言語は英語から

プログラミングの用語は英語です。そのため、スペルや単語を知っているだけでプログラミング言語の理解度は圧倒的に早くなります。

また、システム開発では、システム内で色々な名前をつけることが必要です。その際にローマ字ではなく英語で変数名などをつけられるので、かっこいいです。

スポンサーリンク

まとめ

英語を使わなくても生きられる時代になりつつありますが、

システムエンジニアが英語を学ぶメリットは多々あります。

必ずしもペラペラで喋れる必要はないですが、これから外国人が日本に増えてくる関係もありますので、プログラミング以上に身につけておくべきスキルだということを常々感じています。

 

就職活動
きょうをフォローする
スポンサーリンク
DynaKnowledge

コメント

タイトルとURLをコピーしました