【文系向け】目から鱗の!IT業界志望動機作成法

就職活動

文系学生がIT業界を受ける場合の志望動機づくりって困りますよね!

今回はそんな時に役立つ、志望動機の内容を例を挙げて紹介します。

スポンサーリンク

文系なのにIT企業を受けた理由

文系学生が志望動機に真っ先に書かないといけないことは、

なぜあなたがIT企業の選考を受けることになったのかということです。

面接官の立場で考えてみたら、情報系の学生がプログラマーを目指すのは当然だと思いますが、

今までプログラムを勉強していないはずの文系学生がどうして興味を持ったのかという点は気になりますよね。

ここで大事なのは、世間一般的な内容では駄目だというところです。

例えば、

「私は手に職をつけたいと考えたため、IT業界を志望しました」

「これからはITが活躍する時代だと感じているため、IT業界を志望しました」

といった内容です。

誰でも同じ内容になってしまうのは志望動機にしてはいけません。

限られたスペースの中で、自分のことをアピールする必要があります。

そのためには、自分の経験をもとに、なぜIT業界を志望することにしたのかを記載する必要があります。

例えば、

「学生時代のアルバイト先で、在庫管理システムが導入され、そのシステムを利用したことで、業務効率が改善されました。システムの力は人の役に立てることを知り、自分も関わりたいと思いIT業界を志望しました。」
「大学のゼミの中で統計学を学んでいました。その際、Rというプログラミング言語を用い、プログラミングに少し触れる機会がありました。その経験から、プログラムを動かすことの楽しさを感じ、プログラマーとして働いてみたいと思い、IT企業を志望しました。」

等のように実体験を伝えることで、プログラミングやIT業界への興味をアピールすることができます。

スポンサーリンク

自分がどんな風に会社に貢献できるかを伝える

上記の内容だけでは、「うちじゃなくてもいいじゃないか」という結論になるのが関の山です。

もちろん、あなたの成果や人柄がよければぜひうちへ!と言ってくる企業もあるとは思います。

ですが、やはり志望動機には、「その企業を志望する理由」を組み込む必要があります。

そこで必要なのは、会社の強みと弱み、自分の強みと弱みを分析することです。

その会社がどんな分野に強いのかであったり、どんな弱点があるのかを調べましょう。

A社は電力会社系子会社の企業だとします。

電力会社といえば、社会インフラですよね。

つまり、そのインフラをITの力で支える仕事をすることができるわけです。

電力系子会社ならではの強みですよね!

そういう点を組み合わせ、

「私は、ITの力で電気インフラを支えられる貴社に入り、町の人々の役に立ちたいと思い貴社に入社したいと思います。」

といった志望動機はどうでしょうか。

これも立派な志望動機です。

ですが、これだけでは一歩足りません。

志望動機は、求職者が企業に入りたい理由を書くだけでは不十分です。

求職者が、その企業に対してどんな利益を与えることができるか

というアピールをする場なのです。

つまり、必要なことはその会社に入ってから自分がどんなことをできるかといった文章を加えることです。

「私はITの力を使って、町の人々の暮らしを支えたいと思い、貴社を志望しました。学生時代、私は塾講師としてアルバイトをしていましたが、よりよい指導法や対応ができるよう、本や研修に自主的に取り組みました。その結果、生徒からの満足度一位を獲得することができました。IT業界は移り変わりが激しい世界だと認識しています。しかし私は、自主的に新しいことを学び、身につける姿勢を武器に、貴社に入ってからも積極的にシステム開発に携わっていきます。」

このような形で、自分が企業に入りたい理由と、自分の強みをアピールすることができます。文章が長くなってしまったりするので、推敲していくことは必須です。

本当であれば、一番上でも伝えた、IT業界に興味を持った理由も入れることができればベストですが、そこは文字数に応じて調整することが不可欠ですね。

スポンサーリンク

まとめ

文系の自分がなぜ自分がIT業界に興味を持ったのかを伝える。
志望動機とは、自分が入りたい理由を述べるのではなく、自分がどんな風に会社に貢献することができるかを伝えるための項目

といった点を押さえて作成しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました