コアサーバーでads.txtを設定する方法

WordPress

アドセンスをサイトに登録するようになってから、
アドセンスの管理画面にこんなエラーが表示されるようになりました。

要注意 – 収益に重大な影響が出ないよう、ads.txt ファイルの問題を修正してください。

今回はこのエラーを解消していきたいと思います。
私がwordpressをインストールしているのは、

Value Domain(バリュードメイン)
Core server (コアサーバー)

ですので、バリュードメイン+コアサーバーでads.txtを設定します。
コアサーバー内のファイルマネージャーを利用した方法をご紹介します。

※他のサーバー(Xserverやロリポップなど)だとファイルマネージャーの開き方は異なりますが、でもファイルを保存する場所は同じなので、置き換えてご利用ください。
スポンサーリンク

Google Adsenseからads.txtをダウンロード

まずはads.txtファイルをGoogleからダウンロードします。


画面に従っていくと、テキストファイルが保存できるので、
適当にデスクトップにでも保存します。

スポンサーリンク

コアサーバーのファイルマネージャーを利用する

コアサーバーには、元々ファイル転送用ソフトが内蔵されています。
ですので、わざわざFTPツールを使わなくてもファイルを保存することができます。

スポンサーリンク

バリュードメインにログイン

まずはバリュードメインにログインします。

ログイン後、コントロールパネルから、「サーバー > コアサーバー」と移動します。

スポンサーリンク

コアサーバーの新コントロールパネルを開く

コアサーバーの管理画面内にある、「新コントロールパネル」をクリックします。
この時、複数サーバーを持っている場合は設定するサーバーを間違えないように気を付けてください。

スポンサーリンク

ファイルマネージャーを開く

この画面はコアサーバーのコントロールパネル画面です。
1. ここから、画面左にある「サイト設定」をクリックします。

2. 「FTP設定」を開きます。

3. 「netftp2ファイルマネージャー」をクリックします。

これで、ファイルマネージャーを開くことができます。

スポンサーリンク

コアサーバーのファイルマネージャーからインストール

ここから、実際にWordpressをインストールしているフォルダまで遷移します。

1.public_htmlをクリック

2.ドメインのルートフォルダを開きます。ルートなので、wwwとかサブドメインのフォルダじゃないです。

すると、Wordpressがインストールされたフォルダが開くので、ここでアップロードをクリック

ファイルを選択をクリックします。

事前にダウンロードしたads.txtファイルを選択

アップロードするファイル名がads.txtになっていることを確認し、チェックマークをクリックします。

するとウィンドウが表示され、

しばらくすると完了画面が開きます。ここで戻るボタンをクリックします。

最後に、サーバー内にads.txtがあることを確認したら完了です。

正しく設定されているかどうか、
自分のサイトURL/ads.txt
にアクセスをして確認してみてください。

これでコアサーバーでも簡単に導入することができました。

実際にアドセンス側に反映されるまで数日~数週間かかるらしいです。
少し待ちましょう。
WordPress
きょうをフォローする
スポンサーリンク
DynaKnowledge

コメント

タイトルとURLをコピーしました